建築学生の生活

建築に関することや日々の出来事を自由に書いています。

新たな発見、多様な考え方を得るために展覧会へ。

最近、展覧会に行くことにはまってます。建築分野の展覧会にいけば、あらたな設計方法が見つかるし、専門分野じゃなくても多様な考え方を得ることができます。

1日かけて、複数の展覧会をはしごする。そんな日が最近増えてきている気がします。

今日は最近行った展覧会のいくつかを紹介します。

中の写真は私的使用のみとなっており、見せることができないんですが場所や僕の感想などなど紹介していきたいと思います。

行ってみたいというものがあれば、是非行ってみてください。

関東は遠い!!という方は、春のこの時期、全国各地で展覧会が開催されているので是非お近くの展覧会に足を運んでみてください。

 

1,世界の住宅プロジェクト展

開催日時 ~6月5日

場所 GAギャラリー


f:id:blogkentiku:20220321203351j:image

展覧会だけでなく建築雑誌も閲覧できるので結構な頻度で行っているんですが、今回の展覧会は多角形にして直接西日が入ってくることを防いでいる住宅や高床式になっているのを用途だけではなく、デザインの面からも考えられている住宅があったり、住宅の中心に思い切って中庭を設置して、外のような中の空間を家全体に作っていたり、地下に住処を埋めて地上を庭として活用していたり、カーブの窓で景色を家の中からきれいに見えるように設計していたりと様々な住宅があって、とても勉強になりました。

専門で学んでない方でも十分楽しめるので是非行ってみてください。GAギャラリー自体もめっちゃおしゃれな建物ですよ。

 

2,ダミアン・ハースト 桜

開催日時~5月23日まで

場所 新国立美術館


f:id:blogkentiku:20220321202943j:image

これは全く建築とは関係ないんですが、電車で宣伝を見て行ってみました。

イギリスを代表する現代作家であるダミアン・ハーストの大規模展覧会です。桜の木が原寸大で展示されています。夏の桜とか、神の桜とか24つの桜があります。原寸大で描かれた絵は、縦に立てかけ、絵の具の付いた筆を勢いよくふり、絵の具を飛ばして描かれたものだそうで、ロックダウンの時期に書かれたため、周りに人がいなく自分の世界に入り込んで描いていたそうです。本物の桜を見に行くのもいいですが、画家の桜を見に行ってみるのもいいかもしれません。

 

3,吉阪隆正展 ひげから地球へパノラみる

開催日時 ~6月19日

場所 東京都現代美術館


f:id:blogkentiku:20220321203403j:image

コルビュジェから受け継いだ設計など公共建築を始め多くの設計をしている建築家で模型表現やコンクリートに対する考え、都市がどうあるべきかなど、これからの日本の都市の在り方などを考えさせられる展覧会でした。

 

ということで、本日は3つ紹介しました。あと何個か行ってるし、まだ行きたいところもあるのでまた紹介しますね!

今日もブログを読んでくださりありがとうございます!それではまた!

最近の都市に思うこと

今日は「建築の多様性と対立性」という本を読んでみた。

最近都内の新宿やらいろんな都市を歩いてみている。

しかし、なぜかわくわくしないというか、普通の町になったなと感じる。

一方、下町の浅草やら、鎌倉、吉祥寺などにも足をはこんだ。

こちらは歩いてわくわくした。

さあ、どんな違いがあるのだろうか。前者は町の開発がされすぎて、道が一直線で均一な建物が建ち並んでいて、変化がない。

一方後者は昔ながらの建物やら、新しい建物が程よく建っている。

つまり

新しい⇔古いの対立と多様な建物がある町である。

この本を読むことによって、休みの日に出歩いた町で感じたことが再認識できた。

忘れないようにここに書き留めておく。

建築を学んでいない人にも一度よんでもらいたい。そうすれば、外で歩く時間が楽しくなると思う。

今日もブログを読んでくださりありがとうございます!

それでは、また!

 

 

引っ越しの季節ですねぇ〜😊

今週のお題「引っ越し」

春ですねぇー

まじで花粉がやばくなってきて、本日花粉症用の薬を買いに行った建築学生ですww

本日は引っ越しについて

僕も去年の今頃進路が決まり、関東に引っ越しました。

後期試験で受かったので、引っ越しまでは2週間ほどで、なかなか慌ただしい日々だったなと今になって思います。

でもあの2週間はワクワクとドキドキがおさえられてませんでしたねww

知らない土地に1人暮らし。

住む場所についても、やはり土地勘がなくて何がなにかわからなかったのをおぼえています。

1年を振り返ってみると、新たな生活は新しい出会いと今までなかったことに挑戦するチャンスだと思います。

新生活を始める方!!あんまり緊張せず、新しい生活を楽しんでみてください😊

今日もブログを読んで下さりありがとうございます!

それでは、ここらへんで!!

THE TOKYO TOILETプロジェクト続編!!

先日THE TOKYO TOILETプロジェクトについて紹介しました。

 

blogkentiku.hatenablog.com

 

今回はその続編。建築家じゃない方がデザインしたものも紹介します。
それではやってまいりましょう!!


WHITE 伊藤可士和

恵比寿駅の改札を出てすぐに設置されているトイレ。周りの景観も意識された清潔さを意識した建物となっている。また、入りやすく明るい印象を持たせている。また、浮いているようなデザインがなされているため、入っている人の足元が外からも見ることができ、ルーバーを2センチ間隔であけているため、中に人がいるということも外から分かる。つまり安全なトイレとなっている。

 

f:id:blogkentiku:20220216215035j:image

 

こちらにも設計者のプレートが付いている。これは佐藤さんのデザイン。
f:id:blogkentiku:20220216215109j:image

 

柔らかな印象があるピクトサイン。これも佐藤さんのデザイン。
f:id:blogkentiku:20220216215133j:image

 

照明も各入口についており夜も明るい空間が出来ている。
f:id:blogkentiku:20220216215330j:image

 

通路も明るくなっている。
f:id:blogkentiku:20220216215228j:image

 

駅から出てきた人に気が付いてもらえるように、夜は建物全体にライトが照らされる。
f:id:blogkentiku:20220216215301j:image

 

ザ トウキョウ トウメイ トイレット 坂茂(建築家)


坂さんは公共のトイレには2つの問題があるとおっしゃっている。1つ目は綺麗か。2つ目は誰もいないか。この問題を鍵を閉めると不透明になるガラスを外壁に用いることで解決することができる。f:id:blogkentiku:20220216215445j:image

 

 


f:id:blogkentiku:20220216215507j:image

 

端を鏡にすることで、端の角が柔らかい印象となる。

f:id:blogkentiku:20220216215558j:image

Wonderwall 片山正通

15枚のコンクリートをいたずらに組み合わせ、壁と壁の間を男性トイレ、女性トイレ、ユニバーサルトイレの三つの空間に分けた。こうすることで、遊具のような不思議な空間を利用したトイレが出来上がっている。

f:id:blogkentiku:20220216215637j:image

こちらにも、プレートが設置されてます。
f:id:blogkentiku:20220216215715j:image

 

配置図はこんな感じ。
f:id:blogkentiku:20220216215813j:image

 

上を見上げるとこんな感じ。迷路に入ったような感覚。
f:id:blogkentiku:20220216215914j:image

 

照明の使い方にも工夫がされています。
f:id:blogkentiku:20220216215722j:image

 

大きい通路に換気口を設置せずに、人通りの少ない狭い通路に設置することで、通行人に迷惑のかからないような造りとなっている。
f:id:blogkentiku:20220216215745j:image

 

TRIANGLE 田村奈穂

全ての人に快適に使ってもらえることが望まれる公衆トイレ。快適と同じくらい大切で守らなくてはならないのが、プライバシーと安全である。これらの3つのことを守ることを意識して3つの空間を形成している。

f:id:blogkentiku:20220216215948j:image

 

線路と道路の間のとても狭い敷地に計画された建物。斜めの入口を設置することで敷地を有効活用している。
f:id:blogkentiku:20220216220009j:image

 

Three Mushrooms伊藤豊雄(建築家)

背後の森林に調和するように3つのマッシュルームをイメージしたトイレを設置している。回遊性があり、行き止まりがないため防犯面にも優れている造りをしている。各個室に十分の大きさを取り、多様なニーズに対応したトイレになっている。また、中の電気が上部から漏れ出して、夜は暖かい雰囲気を作り出している。f:id:blogkentiku:20220216220044j:image

 

こちらにもプレートが!!
f:id:blogkentiku:20220216220152j:image

 

Hi TOLET 伊藤カズー

ついに最後です。このトイレはすべて声で動かすことができ、手を使わずに使用することができます。コロナ禍にぴったりなトイレだということができます。しかし、計画自体はコロナ前から計画されていたようです。この様式がこれから広がるといいな。


f:id:blogkentiku:20220216220223j:image

 

ここにもプレートを見つけました。
f:id:blogkentiku:20220216220333j:image

 

この下。浮かせることで美しく見せることもできるんですが、なんと風が出てきます。そう、換気がされているんです。
f:id:blogkentiku:20220216220242j:image

 

出入り口はこんな感じ。
f:id:blogkentiku:20220216220611j:image

 

画面があります。
f:id:blogkentiku:20220216220515j:image

 

QRコードで扉を開閉できるんです!!

まじで、扉の空き方もカッコよかったです!トイレに入るだけなのにww


f:id:blogkentiku:20220216220423j:image

 

こちらも光で独特な空間が作られています。


f:id:blogkentiku:20220216220452j:image

 

THE TOKYO TOILETプロジェクトを巡ってみました!!

とはいっても、まだ残ってるし、新しくできるみたい。

また近くに行ったときに行ってみようと思います。

今日もブログを読んでくださりありがとうございます!

それではまた!!

 

※撮影は利用者がいない時に行っています。

有名建築家の公共トイレを解説!!【THE TOKYO TOILETプロジェクト】

今日は東京都渋谷区に続々と作られているTHE TOKYO TOILETを巡ってみたいと思います!!

THE TOKYO TOILETプロジェクトとは

公共トイレというとどんなイメージを皆さん持っているでしょう?

おそらく、使いづらい、汚い、暗い、といったマイナスなイメージではないでしょうか。

そこで渋谷区はトイレは日本が世界に誇る「おもてなし」文化の象徴として、個性豊かなトイレを設置しました。

その中でも今日は有名建築家の隈研吾さん、安藤忠雄さんが設計した2つのトイレを見ていきましょう。

 

鍋島松濤公園トイレ

松濤2-10-7

Photo by Satoshi Nagare

鍋島松濤公園トイレ

松濤2-10-7

Photo by Satoshi Nagare

鍋島松濤公園トイレ

松濤2-10-7

Photo by Satoshi Nagare
トイレのコミチ  松濤公園

 

まずこちらが隈研吾さんが設計された森のコミチというトイレです。公園内にあるのですが、一瞬遊具かなと思ってしまいますよね。コンセプトは集落のような、トイレの村ということで5つの小屋は集落一軒一軒を表し、その中を通る道が小さなコミチを表しているようです。

子育て、車いす等の人に合わせて、ひとつずつのトイレの内装も異なり、多様なニーズに対応したトイレであるということができます。また、道を作ることで、行き止まりがある暗い公衆トイレというイメージはなくなり、風通しができ、安全なトイレとなっています。

 

 

 

あえて杉板ルーバーを角度を持たせている。こうすることで同じ建物を連続させて立てるのではなく、全てが違う建物へとみさせる(多様性を表している)効果があるのだと感じました。
f:id:blogkentiku:20220215144221j:image

THE TOKYO TOILETには設計された方の名前が書かれているプレートがどこかにあります。訪れた時には探してみて!
f:id:blogkentiku:20220215144655j:image


トイレの中にも木材がびっしりと。ちなみに1つ1つのトイレで違うデザインがされていました。ここでも多様性を表しているのかな。
f:id:blogkentiku:20220215144418j:image

上にあがるとこんな感じ。1周できます。
f:id:blogkentiku:20220215144519j:image

車いすの方のトイレは階段を使わなくても大丈夫。
f:id:blogkentiku:20220215144500j:image

こんな感じで、とっても考えられて設計されたトイレでした。

夜になるとライトが加わりまた違った印象になるらしいのでまた行ってみたいです。

 

次は、安藤忠雄さんの設計されたトイレです。

 

あまやどり 神宮通り公園トイレ

 

公共トイレという目的だけに利用されるのではなく、都市施設として、パブリックな価値を持つ建物でありたいという考えのもと、円形平面、屋根庇、縁側を持つトイレを設計しています。光を通すたて格子を用いて、トイレ内を通り抜けられるようなつくりとなっています。あまやどりができるような工夫もされているトイレ。これから多くの人に利用されそうです。

f:id:blogkentiku:20220215153851j:image

こちらにも設計者のプレートがありますね。

f:id:blogkentiku:20220215153910j:image

つくりはシンプルで、円形の建物になっています。

f:id:blogkentiku:20220215174724j:image


こちらも回遊できることで安全性を確保しています。
f:id:blogkentiku:20220215154007j:image

ここ!気が付くかな。左側はトイレなので見えないようにでも光は与えたい。ということで、透明な板が貼ってあります。右側は、手洗い場なので見えても大丈夫。ということで格子のみとなっています。こうすることで、プライバシーを守りつつ、中に人がいるのかを確認できるような造りになっています。
f:id:blogkentiku:20220215154028j:image

先ほどの雨宿りのこと。ここです。人通りの多い道側の屋根は、このように長くなっています。
f:id:blogkentiku:20220215154141j:image

しかし、奥に入ると短くなっています。
f:id:blogkentiku:20220215154204j:image

つまり、人通りの多いほうは雨宿りをするためというトイレ以外の目的で使ってほしいという思いが込められた建物になっているんです。

通路も大通り側は大きくなってます。
f:id:blogkentiku:20220215154259j:image

でも奥は細くなっています。


f:id:blogkentiku:20220215154316j:image

トイレだけでなく、都市的にも役割を果たしてほしいという新しい公共トイレの姿ですね。

今日は長くなってしまいましたww

まだまだ巡ったので、いずれ建築の勉強がてらに記事出しますね。

建築巡りで設計のデザイン力を磨くぞ!!

お近くの方は行ってみてください!

今日もブログを読んでくださりありがとうございます!

それではまた!!


※撮影は利用者がいない時に行っています。

 

 

復活してほしいもの

今週のお題「復活してほしいもの」

 

昔は沢山あって今は少なくなってしまった駄菓子屋

最近久々にお菓子でも食べたくなって、お菓子専門のお店に行ってみた。

 

駄菓子屋さんとは言わないが、まあそこそこお安い値段でお菓子が買える。

でも、昔自分が訪れた駄菓子屋さんとは違って、大きいパッケージに入っているものが多くて、小学生くらいの子にはちょっときついお値段な感じがした。

100円玉で買えるものを一生懸命計算しながらお菓子を買う。あの楽しみをもう一度復活させたい。

市川には無料の展望台があった!!

今日は、千葉県でもっとも都内に近い市川市の展望台について紹介します!

場所はJR総武線市川駅を出てすぐ!!


f:id:blogkentiku:20220204173034j:image

こちらです!!

はい!タワマンですぅ!

ついに、ふざけ始めたな。と思ったそこのあなた!

右の方見てくださいよ。

エレベーターがありますよね?

それで最上階まで行けるんです!

こんな景色


f:id:blogkentiku:20220204173520j:image

新宿の超高層ビルや、スカイツリーが見れます。無料で

以前渋谷スカイに行きましたが、郊外から見る景色はまた違った感じで良かったです。

市川に来る機会があれば是非行ってみてください!

今日もブログを読んで下さりありがとうございます😊